※全ての方に必ず効果があることを保証するものではありません
効果には個人差があります。

もしあなたが

「雑談」になると話が続かず、沈黙になって気まずくなる
飲み会や友人との会話が続かない、できないので、いつも孤立してしまう

という悩みをお持ちなら、このホームページはきっと役に立ちます
何故なら、そんな悩みをお持ちの人でも「ちょっとした気づきとコツ」で

会話が楽しく盛り上がって
「また話したいです!」と相手に好かれてしまう

そんな方法をお伝えするからです。

「私は口下手だから無理ですよ」
「どうせ小手先の会話術のテクニックでしょ」

会話が続かない・・雑談が苦手・・と悩んでいるあなたはそう思われるでしょう
それでは「鈴木式」を体験した方の感想をご覧ください。

小手先のテクニックだけで問題解決しようとしていた

コミュニケーションに欠けていたものに気付くことができた

「飲み会」に限らず、全ての場面において使える内容でした

雑談や会話ができない・・続かない・・本当に辛い思いをしているあなたが
「会話が楽しくて仕方がない」と、思えるようになる方法をお伝えします。

この方法は実際に、私のクライアント様に試して頂き
殆どの方が「雑談が楽しくなった」という感想を頂きました

その方法をあなたにお伝えしたいと思います

心理カウンセラーの鈴木です

申し遅れました

心理カウンセラーの 鈴木雅幸と申します

私のカウンセリングルームは
皇居からほど近い、東京の麹町にあります

日々、心理カウンセラーとして
様々な心の悩みを抱える方に対して
アドバイスをさせて頂いております。

様々なテーマで、セミナーも主催したり
ブログで情報発信もさせて頂いております。

これまで数え切れないほど「雑談が苦手」「会話が続かない」
という方にこの方法を伝授し
「雑談が楽しくて仕方がない人」にさせて頂きました

「雑談が好きに?そんな簡単なことでは・・」

と、思われるかもしれませんが
会話が上手にできるようになるのは、非常に簡単なことです

その方法をこれから、このホームページで公開していきます。

苦手な人がいる
私も悩んでいました

正直に告白します。

先ほどは

「雑談が苦手な人を雑談好きにした」

と申し上げましたが

実は、本当のことを申し上げますと
雑談で苦しんでいる人がいることすら、知りませんでした

私は様々なクライアント様の、心のケアをさせて頂いております
ある日のカウンセリングで、クライアント様が一言ポツンとつぶやいたのです

「雑談・・苦手ですね・・」

私は、これは一体どういうことか?
逆にクライアント様に教えてもらう立場で質問しました。

「仕事やプライベートで、特に用件がない場面
雑談の場面に出くわすと、とてもとまどってしまいます・・」

「会話が続かず、ちょっと沈黙が生まれると
冷や汗も出てきて、心臓がバクバクしてしまいます・・」

「うまく話をしよう、と思っても、思うように会話ができず
自分でも、一体何を喋っているのかわからなくなる時があります・・」

その時初めて

楽しいはずの「雑談」に苦しんでいる人がいるのだ

ということを知ったのです

初めてのクライアント様の悩みを聞き、私は今まで経験がなかったため
適切なカウンセリングやセッションができず、非常に悔しい思いをしました

そして、多くのクライアント様のケースを分析した結果、よくある意識の

「うまく話そう」

これがそもそもの間違いであったことが
気がついたのです・・

沈黙知らず

そして数ヶ月後・・実は状況は一変し、そのクライアント様は
雑談が楽しくて仕方がない人に変身していたのです。

どうして、あそこまで深く悩んでいたクライアント様が
「雑談が楽しい!」と言えるようになれたと思いますか

もちろん、お笑い芸人になったわけではありません

それは・・
雑談や会話の「根本的な誤解」を解き「あるコツ」
を実践したからなのです

雑談が苦手な人でも、今度は逆に、会話で相手を楽しませることができる方法です。

私は仕事をしながら、日々

「何故、雑談ができず、苦手になってしまうのか」
「どうやったら会話が盛り上がるのか」

と、ずっと考え、クライアント様のケースを通して研究していました

私はカウンセリングの合間をぬって
会話術、心理学の本を読みあさったり
コミュニケーションのセミナーに参加したり
ある有名な、心理カウンセラーの先生に
色々と教えを頂いたりしました

また、私はカウンセラーというプライドを捨て
クライアント様に

「雑談が苦手な方の心理を知りたいのです」
「どうか教えて頂けますか」

と、カウンセラーという立場の私が
クライアント様に教えを頂く努力を重ねてきたのです。

そして、ついに見つけ出した

雑談を盛り上げ、相手に好かれる方法

私はその方法を実践しただけなのです

「その方法を実践しただけ、何て簡単に言うけど・・」

もしかするとそう言いたくなるかもしれませんね

しかし、私だけではなく、この方法で数え切れない方のクライアント様が
苦手な雑談、会話を克服されています。

その後、私が開発した「超雑談術」の噂は口コミで広がり
今では、私が開催するセミナーは常に満員になってしまいます

セミナー画像

その雑談術をあなたにお伝えします

何故なら、あなたも

「一生懸命話そうと、精一杯努力はしている」
「引き出しを増やそうと、テレビ新聞は欠かさずチェックしている」

と、自分なりに色々と試行錯誤をされていると思います

数え切れない程、雑談・会話が続かない、苦手というクライアント様に接してきたので
あなたの悩みはとてもわかります

そして、あなたは自分から積極的に行動し
その結果、このホームページを発見しました

しっかり行動をしている、そんなあなただからこそ
「雑談で盛り上がり、相手に好かれる方法」をお伝えしたいと思っています

雑談や会話が苦手ですと、職場の人間関係もぎくしゃくしますし
楽しい飲み会なども、全く楽しくなくなってしまいます

克服したクライアント様は

と、嬉しい悲鳴をあげていらっしゃいます

その喜びをあなたにも味わって頂きたいのです

それがこのホームページの目的です

「鈴木先生・・私はたぶん無理だと思います・・相当重症ですよ」

あなたはそう思いたくなるでしょう
あなた自身でも相当努力したでしょうから、無理もありません

私の元に、このような悩みを持っている方が相談に訪れます

「自分から積極的に話題を出しているのに、会話が続かず、すぐ沈黙になって気まずくなります」
「知識がないので、雑談で相手に話が合わせられません」
「自分は人から嫌われやすいので、仕方ないですよ」

しかし、様々な研究とカウンセリングでの経験の結果

「それがそもそもの間違い」

ということがわかったのです。

これらの悩みを持っている方は、今までの考えを一度捨てて頂いて結構です。

沈黙のパターン
新聞

私のカウンセリングに訪れる方の殆どは
自分なりに何かしらの努力はされているようです

会話術の本を読んで、実際に試してみたり
知識を増やそうと、新聞を読んだり
流行の話題やニュースを仕入れたり

しかし、そのような努力も報われず

結局、雑談の場面になると会話が盛り上がらず
すぐに話題も尽き、会話が続かないので、沈黙・・

あなたもこのようなパターンではないでしょうか?また

仕事の場面で、仕事の要件を話したり
プライベートで、何か共通の話題や、やるべきことがある

そういった場合は「用事の話題で、場が持つ」のですが・・

特にそういった用事や話題がない場面、ちょっとした立ち話
相手がいる場合の空き時間、特に用事がない時に一定時間一緒になる場面。

そのような場面になると、途端に沈黙が怖くなり、雑談をしても盛り上がらず
結局は沈黙が発生して気まずい雰囲気に・・・

用事がないと沈黙

というパターンではないでしょうか。

多くのクライアント様を見てきましたが、実は殆どの方は

会話に関する間違った知識や誤解のせいで
沈黙を発生させ、雑談が続かず、盛り上がらなくなっている

という事実があります

このページをご覧になられている方は、これまで

「何か話題を出そう」という思いから、自分から積極的に
例えば、今日のニュースや時事的な話題を振ってみたり
日々そういった知識を仕入れたり、していたのではないでしょうか

そして、結果はどうでしたか?

実は、ズバリ

「うまく話そう」「話題を出そう」
ということ自体が沈黙の一要因なのです

人間は話したい

人間は基本的には、話をしたいと思っているのです

とても大事なことですので、もう一度書きます

人間は基本的には、話をしたいと思っているのです

あなたも、全ての場面で何も話ができないわけではないはずです
自分の好きな趣味の話を、気心の知れた友達や家族や
兄弟に話をする時「雑談が苦手」と思うでしょうか?

女性同士

むしろ、楽しくたくさん話ができるはずです
自分が好きな話題で話をするのは、楽しいはずです

特に女性は、話し好きとよく言われます
自分の好きな話題となると、延々としゃべっています
あなたもそのような女性を見たことがあると思います

人間は本来、しゃべりたいと思っているものなのです

つまり

雑談においては、相手に「話させる」ことができれば
相手に好かれて、会話が盛り上がるのです

「積極的に話題を提供しよう」と思って
自分から話をしてしまうと、相手に話をさせる機会を潰してしまうのです

あなたが話している間は、相手は会話ができません
すると、あなたの話題も尽きて、会話が続かないので、沈黙が発生するのです

「鈴木先生、でも私は無理です、趣味も少ないし、知識も引き出しも少ないので・・」

雑談が苦手という人の殆どが
「知識が少ないから、相手と話が合わせられない」という
悩みをお持ちです

ところが

自分の全く知らない分野の話題でも
雑談が盛り上がり、相手を楽しませる方法があるのです。

あなたが全く知らない、聞いたこともない話題でも
ある簡単な方法を実践することにより、楽しく雑談ができるようになるのです。

聞き上手?

様々な会話術の知識などを知っている人は

あぁ、よく言う「聞き上手」になれってことか、それならやってるよ

そう思われるかもしれません
しかし、聞き上手を実践したあなたの結果はどうだったでしょうか

「聞き上手」を知っていても、会話が盛り上がらず
沈黙に悩んでいる人は非常に多いのです

私が開発した方法は、よく言う一般的な「聞き上手」よりも
もっと奥が深いものです。

あなたは「聞き上手」に徹しようとして、どのような事が起こりましたか

嫌われている?

自分から話をしている時よりも
もっと早く沈黙になってしまいませんでしたか

ついには

「自分はもしかして嫌われているんじゃないか・・」

と苦しい思いをしたのではないでしょうか。当然です

ただ「聞き上手」をやみくもにやっても
結局話題が尽きたら、そこで沈黙になるからです

これをやる

じゃあ鈴木先生、一体何をやれば雑談が続いて盛り上がるのですが

はい、あなたがやっていただくことはこちらになります。

  • 「たった一つのこと」に気を付け、相手に「ある言葉」を投げかける
  • そうすると雑談が盛り上がり、相手に好かれる

たったこれだけです。あなたがやって頂く事は、これだけでいいのです。

知識をたくさん身につけることも、必要ありません
うまく話す方法も、技術も心理学も会話術もテクニックも、必要ありません。

むしろそれらの知識は、邪魔になる場合があります。

「これだけって・・そんな簡単にうまくいくわけがないですよ」

きっとあなたは信じられないかもしれません
今まで相当悩んできたあなたなら、なおさらでしょう

しかし、実際に私はこの方法を、雑談ができないと苦しむ、多くのクライアント様にお伝えし

「雑談って、こんなに簡単だったの!?」
「雑談は楽しいということを、やっと理解できてうれしいです!」

という事実を肌で実感して頂きました

あなたもこれ以上「雑談が苦手」「会話が続かない」「沈黙が怖い」と悩まないで下さい

「鈴木先生、じゃあ具体的にどうすればいいのか教えて下さい!」

はい、そこであなたのために、鈴木独自の「雑談術プログラム」を開発しました

プログラムと言っても、難しいことは一切ありません
やることも本当にシンプルです。しかし効果は絶大です

この「鈴木式」を実践した方は

殆どの方が、一回目で何かしらの手応えを感じ
その後「雑談が楽しい」と心の底から思えるようになっています

今回私の開発したプログラムを、多くの方に知って頂き
雑談が楽しい、素晴らしい生活を手に入れて頂きたいと思い

映像DVDの商品として、多くの方にお届けできることになりました。

以下がDVDの一部内容の紹介です。

コツ

雑談が苦手な人も、会話上手になれる

これまで、あなたは雑談が苦手で、人と話をするのが嫌になり、人間関係も悪化し、相当悩まれてきたと思います。しかし、そんなあなたでも「鈴木式」を実践することにより、雑談が盛り上がり、相手に好かれるようになり「また話したい」「あなたと話をすると楽しい」「あなたは話しやすい」と思われるようになります。その方法をお伝えします。もちろん特別な知識や技術やセンスは一切不要、雑談が大の苦手な人でも、実践できることです。

 

相手に投げかけると楽しく喜ぶ、ある魔法の言葉とは?

あなたは何を話したらいいのか、どんな言葉を発したらいいのか、悩んでいると思います。あれこれと考えずに「ある言葉」を投げかけて下さい。すると相手は喜び、あなたが好きになり、気が付いたら雑談が盛りあがって、別れ際に「もっと話したい!」と言われるでしょう。もちろん、その言葉は特別な知識や技術は必要なく、簡単にできることですのでご安心下さい。この魔法の言葉だけでも、あなたにとっては、相当大きな変化が起きるでしょう。

 

「聞き上手」だけでは沈黙。雑談が盛り上がる聞き上手のコツ

よく「会話上手は聞き上手」と言われますが、もちろんこれは正解です。しかし、わかってはいるものの、結局は沈黙が発生したり、会話が続かなくなくなっていたり、会話がギクシャクしていませんか。実はただ話を聞くだけではダメなのです。ただ相手の話を聞いているだけでは、必ずスグに沈黙になり、相手に「あなたはつまらない」と思われてしまいます。会話を盛り上げる「本物の聞き上手」というものを知って下さい。

 

沈黙が発生するメカニズムを知れば沈黙は怖くない

「何故沈黙が発生するか」考えたことがありますか。うまく話そうと思うばかりで、そんなことを考えたことはないでしょう。実は沈黙の発生は明確な原因があります。厳しいですが、その原因の殆どは残念ながら自分です。しかし、沈黙の原因を知ることにより、沈黙が生まれなくなり、会話が途切れなくなるのです。その方法をお伝えします。

 

積極的に話題を振ってもダメな理由

雑談が苦手で、沈黙が怖いと思っている方は、とにかく自分から積極的に話題を提供しようと、今朝のニュースや今流行の話題などを話します。しかし、これは典型的な失敗パターンです。あなたの話題がなくなったとき、間違いなく沈黙が発生するでしょう。何故自分から積極的に話題を提供するとダメなのか、お伝えします。

 

自分が全く知らない分野の話題でも、盛り上がる方法

「知識がないから会話ができない」「その分野は全く知らないから無理だ」という悩みがありますが、それは間違っています。自分の全く知らない分野の話題でも「鈴木式」を駆使すれば、会話が途切れることなく、盛り上がってしまいます、さらに相手も喜ばせてしまいます。もちろん、それについて特別な知識や技術は不要です。その方法をお伝えします。

 

飲み会で孤立せず、会話の輪に入り、自分も一緒に盛り上がる

飲み会で隣の席や、向かいの席の人と会話をしても、全く盛り上がらず、会話が続かない・・気が付いたら、相手は、自分以外の近くの人と話をしている・・やがて一人でポツンを孤立・・そんな苦い経験はないでしょうか。しかし、「鈴木式」を実践すれば、逆にあなたを中心にして会話が盛り上がって、楽しく美味しいお酒を飲むことができるのです。その方法も、とてもシンプルです。

 

これができていないから沈黙発生。相手の話の「聞き方」

相手の話の聞き方を間違うと、沈黙が発生し、あなたは「話をしていてもつまらない人だ」と思われてしまいます。雑談を盛り上げるには、相手の話の聞き方が非常に重要です。その聞き方を知って下さい。

 

嫌われているのではないか・・嫌われたくない・・恐怖心を消す方法

もう一つの悩みは「自分は嫌われているのではないか」「会話が下手で嫌われたくない」と思っていて、それが原因で思うように会話ができないという実態があります。当然そんな気持ちを持っていては会話は盛り上がりません。実はその気持ちを消し去る方法があります。「鈴木式」を実践すれば、自然にそのような気持ちは消えて、会話に集中することができるのです。

 

自分から話を持ち出すのも苦手な人が、自然に話題を提供できるようになる

自分から積極的に話をしようと思うが、恐怖心や苦手意識で、うまく話をすることができず、沈黙になってしまうという方が非常に多いです。しかし、雑談において大きな誤解を解くことで、自然に自分から話ができるようになります。もちろん、一方的に話をするのではなく、楽しい会話が盛り上がります。

 

雑談が苦手、沈黙が怖い、会話が続かない、と思っているあなたが逆に「雑談が大好きな人」になることにより
周りの人たちも、あなたの変化に驚くと思いますが

あなた自身が、あなた自身の力で変われたことに驚くことでしょう。

これは雑談が苦手、を克服したといった断片的なことではなく
あなたのこれからの人生を好転させてしまうほどの出来事である
と言っても決して過言ではありません。

今まで、人と関わることが面倒になっていたあなたは
逆に「たくさんの人と会話したい!」と思えるようになり
新たなコミュニケーションを構築することができるでしょう。

私が今まで接してきた、数えきれないくらいのクライアント様たちも
この知識と方法を知らなかったら、未だに苦しんでいたはずです

・・間違った話し方では、沈黙が発生するだけですから

雑談が苦手、できない、というのは、本当につらいもので
仕事も遊びも全ての人間が絡む生活で、何もかも億劫になります。

良く聞く悩みで

知識も少ないし、話も下手だから
すぐに沈黙になって、相手につまらないと思われてしまい、嫌われてしまいます
そんな私は、センスがないからもう諦めるしかないですよね

などと聞きます、しかし
会話が続かないで沈黙が発生するか、盛り上がって相手に好かれるかは、その方法を

「知っているか」「知らないか」

なのです

ですから、この方法を知ったあなたは

「雑談は楽しいものなんだ!」
「相手に好かれるようになりました!」
「飲み会の席で、すごく盛り上がります!」

と喜びを味わうことができるのです

私は、自分自身が雑談が苦手だったことをきっかけに
悩んだ挙句、研究の末、独自の「鈴木式」を開発し

この方法で数え切れないほどのクライアント様が
「雑談が苦手」を克服できているのです

内容も非常にシンプルで、難しいことではありません。

私はこの内容に、絶対の自信を持っています。

雑談が盛り上がり、沈黙になることがなく、相手から好かれて
新たなコミュニケーションが生まれ、あなたの人生を変えるきっかけになるでしょう

人生変わる

「鈴木式」お渡しできません

このDVDは「真剣に悩んでいる方」へ向けて、制作しました
試行錯誤と苦労の末に開発したものです。

また、通常のセミナーでは語らない内容も多数盛り込んでいます。

買っただけ、DVDを見ただけで実践しない方
「忙しい」などと言い訳を言って、全く実践しない方。

そんな方にはDVDをお渡しすることはできません
そのような方は今すぐページを閉じて下さい

「私は真剣に悩んでいます、絶対に実践します」
「・・鈴木先生、でもこのDVDは高いんですよね」

そうですね、どうしても価格は高くなってしまいます。

今回の方法は、しっかりと正しくお伝えすることが必要です。
文章だけでは、微妙なニュアンスの会話を表現することは不可能です
そのため、映像での解説は必須になります。

動画の編集やDVDのプレスなど
通常の書籍などに比べて、かなりの製作コストがかかっております。

どうしても商品が、ある程度高額になってしまうのは仕方ありません。

19,800円とさせて頂くことにしました。
この価格であれば話し方教室などに通うよりは、断然安いはずです。
真剣に悩みを克服したい方なら、購入できる価格です。

しかし、期間限定という形になりますが
以下の価格で提供させて頂くことになりました。

※終了の期間は現在のところ未定ですが
予告なく限定期間を終了させて頂きますので、ご注意下さい。

鈴木式雑談術DVD

超雑談術「鈴木式」
雑談・会話を盛り上げる、相手に好かれる方法
154分収録

19,800円→9,800円(送料無料)

※期間限定価格になります、期間終了は現在の所未定ですが
予告なく終了させて頂きますので、ご注意ください。


雑談術「鈴木式」サンプルムービー


今すぐ今すぐ雑談で盛り上がれるようになる

 

質問にお答えします

このようなインターネットでの買い物に、不安な方もいらっしゃると思います
様々な疑問、質問にお答えしていますのでご覧下さい。

本当にこの値段の価値はあるのでしょうか。損をしたくありません
はい
私は今回のDVDの収録で「たかがDVD」と思わず、対面でのカウンセリングと同等の内容を真剣に織り込みました。 19,800円でも安すぎると私は思っています。私が経験で身に付けた、全ての内容を包み隠さずお話しています。 むしろ、通常のカウンセリングよりも充実した内容であると自負しています。苦手な雑談を克服し、雑談が楽しくなれば、あなたの人生でどれだけ良いことが起こるでしょうか。 仕事をされている方は、コミュニケーションが円滑になり、いずれ自分の収入が変化してくるでしょう。 しかし「克服できても9,800円も払えない」「克服はしたいがお金は出したくない」という方は、購入をお控え下さい。
本当に自分でも雑談が苦手・・克服できますか。私は相当深く悩んでいます。
はい
もちろん人それぞれ個人差はありますが、自分が「雑談が苦手」「沈黙が発生する」「会話が続かない」と思っているならば、強くお勧めします。 悩みの度合いも人それぞれですが、殆どの方に共通する誤解があり、一生懸命になればなるほど苦しんでいる方が殆どです。 現在苦しんでいるのは、元々あなたが能力やセンスや知識がないのではなく、あなたが正しい方法を知らないだけなのです。 雑談における、殆どの方が思っている大きな「誤解」を解き、コツを知れば、大丈夫です。
子供の頃から、若い時から雑談が苦手でした。そんな私は元々センスや能力がないので、ダメではないですか。そんな私でも苦手な雑談を克服できますか。
はい
生まれつき雑談が得意な人などいるわけがありません。逆に、センスがない人などもいるはずがありません。 あなたはこれまでの人生、学校や会社で、雑談のやり方を教わったことがあるでしょうか。 雑談は、人間社会における重要な場面であるにも関わらず、それについて教えてくれる人は殆どいないのです。 誰も教えてくれないので、苦手で、できなくても当たり前なのです。 正しい知識と、コツを知ることで、昔から雑談が苦手だったあなたも、変わることができるのです。
私は外見があまりよくありません。異性にもモテません。雑談が盛り上がるのは、外見がいいからではないですか。外見が良くない私でも克服できますか。
はい
一般的に外見がそれほど良くなく、異性からモテない人でも、雑談で楽しく盛り上がる人をたくさん知っています。 「外見は全く関係ない」とは言い切れませんが、私の経験から、外見は大きな要素にはなりません。 あなたがもし本当に外見が良くないと思っているなら、鈴木式で、あなたのコンプレックスは相当カバーできるはずです。
私は人に嫌われやすいです。雑談をしても、スグに沈黙になって、やがて嫌われてしまいます。そもそもそんな私は雑談術など知っても無駄ではないですか。こんな私でも大丈夫ですか。
はい
「人に嫌われてしまう」という方は、雑談が苦手な方で、非常に多く感じていることの一つです。あなただけではありません。 しかし、雑談のコミュニケーションにおける「大きな誤解」を解いてしまえば、嫌われるということはまずなくなるでしょう。 このような悩みを持っていて、実際に私の鈴木式を実践した方は、非常に大きな意識改革が起き、急に雑談上手になってしまう人もいます。 「嫌われている」と感じている方は、むしろチャンスであると言えます。
無趣味で、流行に疎く、とにかく知識がありません。人に色々な話をされても、殆ど話が合わず、沈黙になります。自分は学歴も低く、学校の成績も悪かったので人より頭が悪いと思います。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
この鈴木式の大きな要素として「知識は不要」ということです。もちろん知識はあった方がいいのは事実です。 博識で、雑学知識や話題が豊富な方でも、雑談が苦手であるという方は実は多いのです。 雑談が苦手、できないと悩んでいる方がまず犯してしまう間違いは「知識を身につけ、積極的に話そう」ということです。 しかし、これは実は最も大きな間違いなのです。これをやってしまうと、沈黙になってしまうのは時間の問題です。 もし沈黙にならずに場が持ったとしても「話が苦手」「話をしても詰まらない人」と思われてしまう可能性があります。 もちろん学歴も学校の成績も関係ありません。とにかく「知識を身につけ、積極的に話そう」ということが間違いであることを理解する必要があります。
「雑談のコツ」は簡単ですか、特別な知識や技術やセンスなどが必要ですか。誰でもできますか
はい
一口に「雑談のコツ」と言っても、色々と要素はあるのですが、特別な知識や技術は必要としません。 普通の会話ができる方なら、誰でも簡単に実践できることです。
実践するまでに、長い期間が必要ですか。数か月、何か練習や訓練を積んでようやく実践できる、という内容ですか。
いいえ
もちろん、長い期間をかけて変えていく部分もありますが、今すぐにでも実践できることはかなりあります。 DVDを見て、次の日にはもう実践できるような内容です。特別な練習をしたり、訓練をしたり、そのようなことは基本的には必要ありません。 しかし、じぶんなりに必要だな、と思う方は自由にやって頂いて結構です。
私は臆病で小心者です。勇気や度胸は必要ですか。
いいえ
むしろ逆です。私の方法を知って頂ければわかるのですが、まずは誤解を解き、雑談のコツを知ります。 そして、いざ雑談の場面に出くわしたとき、以前よりも比べ物にならない位、心理的な負担が減っているのです。 あなたが今雑談に対して、勇気や度胸を伴うようでしたら、これは非常に高い確率で、雑談の方法が間違っていると言えるでしょう。 本当の雑談はとても楽しいものです。楽しいことをするのに度胸も勇気も必要ないのです。
心理学、会話術、読心術、コミュニケーションスキル、NLPなどの知識は必要ですか
いいえ
このような知識を一生懸命身につけ、心理学、会話術、読心術、コミュニケーションスキル、NLPの知識が豊富な人でも、雑談が苦手な人が実はいます。 確かに、上記の知識は使い方を間違えなければ役に立つものです。私もプロのカウンセラーという立場上、その知識はもちろんありますし、実際に活用することもあります。 しかし、雑談の場面においては、それらの知識が邪魔をして、かえってあなたをますます雑談が苦手な人に落としてしまう可能性があります。 「こんなに勉強しているのに、雑談ができないなんて・・」と思うと、ますます自分に自信がなくなって、非常に悪循環なのです。 しかしご安心下さい、これらの知識が一切なくても、誤解を解き、ちょっとしたコツだけで、雑談が苦手、を克服することができるのです。
「ウラキドニ」「衣食住」「天気ニュース」など会話を途切れさせないためのテクニックを実践しましたが、雑談が盛り上がりません。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
これらの知識はあればあるに越したことはありませんが、会話で最も大事な根本の部分が完全に抜け落ちています。 ホステスやスナックのママさんが使っていることで知られていますが、このテクニックだけ掻い摘んだだけではダメなのです。 むしろその知識が邪魔になって、かえって雑談が楽しくなくなったり、沈黙が発生したりします。
話し方教室に通ったことがありますが、全く変わりませんでした。そんな私はセンスがないので無駄ではないですか。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
実は私のセミナーやカウンセリングに訪れる方で「話し方教室」に通ったことがある方は少なくありません。 私の専門はカウンセリングです。全ての話し方教室の内容を知っているわけではありませんが、話し方教室で教えられている内容とは恐らく別次元のものでしょう。 過去に話し方教室に通っても成果がなかった方でも、大丈夫です。
結局は机上の空論で、実際に雑談の場面では全く役に立たないのではないですか。知識だけで役に立たないものではないですか。言葉ではいくらでも偉そうなこと、わかったようなこと、もっともらしいことは言えますよね。仮に内容は素晴らしくても、実際の雑談や会話では役に立たないのではないですか。
いいえ
もちろん本で読んだだけの知識を言えば、それらしいことを言えます。私の知識や技術は、日々のカウンセリングの現場で、クライアント様に指導をしているものです。 実際に会話の場面でクライアント様が実践して頂いている、しっかりとした実現性のあるものです。 決して「私はこれで雑談が上手になった、だからあなたも上手になる」「私は様々な研究でこのような知識と方法を考えた、実践例はないが、絶対に雑談が上手になる」 といった机上の空論で、知識だけで再現性のないものではありません。
沈黙が怖いです。沈黙が苦手で耐えられません。少しでも沈黙になると、とまどってしまい、ついつい自分から次々喋ってしまい、しまいには何を言っているのかわからなくなります。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
沈黙が怖くない、気持ちいいという人はいません。誰でも雑談で沈黙になるのは気まずいものです。 沈黙が苦手で、一生懸命何かしゃべろうと思ってしまうのは、雑談が苦手な人の典型的なパターンです。 私の雑談術があれば、沈黙どころか、会話が盛り上がってしまいます。こうなったら、自ら沈黙を発生させることも難しくなります。 雑談を終えた時「あれ?沈黙は・・」と我に返ってしまうでしょう。沈黙で悩んでいる方こそ(ほぼ全員の方が悩んでいるはずですが)鈴木式は身につけるべきです。
相手がどんな人でも大丈夫ですか。例えば、自分が中年の男性で、相手が若い女性。私が若い女性で、相手が年配の男性。私が若い男性で、相手が非常に目上の上司。年齢関係なく、苦手そうな人など・・
はい
普通は「共通の話題がない」「世代が違うから考え方も違う」「相手にされない」と思われるでしょう。しかし、大丈夫です。 鈴木式の雑談術は、生きる世界が全く違う相手でも、大丈夫なのです。 もちろん、お互い持っている知識や価値観や話題は全く違うでしょう。しかし、それらの要素も関係なく雑談を盛り上げることが可能なのです。 年齢や立場の違う人と楽しく雑談ができれば、あなたの人生は大きく豊かになっていくでしょう。
一人で実践できますか、誰かの手助けが必要ですか
いいえ
全て一人で実践できます。横に誰かが付いて何かを手伝ってもらったりする必要などもありません。
DVDを見るだけではやはりだめではないですか。鈴木先生のカウンセリングを受けなければいけないのではないですか。
いいえ
これでは多くの方にお伝えするプログラムとして成り立ちません。あなたの今までの人生で、本やDVDで自分が大きく変わったことはなかったと思います。 しかし、今回のDVDでは本当に「見ただけ」でスグに意識改革が起きたり、明日から突然、雑談が円滑になったりするのです。 そうなるように、内容を織り込みました。人によっては涙を流して、自分の中で大きく生まれ変わる人もいるでしょう。 これまでDVDや書籍やセミナーで何も変わらなかった方にこそ、見て頂きたいです。 もちろん私のカウンセリングやセッションを受けて頂くことも一つの選択肢ですが、まずは気軽に自宅でDVDを見てからでも遅くはありません。
雑談で、何を話していいのかわからず、話そうと思っても言葉が浮かんでこずに、気まずい雰囲気になり、その雰囲気に耐えられません。そんな私でも大丈夫でしょうか。
はい
話が浮かばず、気まずい雰囲気になるというのは、実に多くの方が共通に訴えることです。 しかし、無理をして自分がいつも話すことによって、会話の主導権を握る必要はありません。 むしろ、、聞き手になることによって主導権を握れるようになった方が、自在に会話ができる人になれるのです。 また、話が思い浮かばない場合、話す相手への「ある心理状態」が、そうなってしまう場合が多いのです。 これは、話す相手への意識をちょっと変えるだけで、克服できます。これに気付いている人はなかなか少ないでしょう。 逆にこれに気付くだけでも、あなたの雑談は見違えるほど楽しいものになるでしょう。
自分が何か言うと、途端に相手は変な顔をします。同時に「話さなければよかった・・」と後悔することもしばしばです。どうも無理に話そうとすると、ズレたことを言ってしまって、それで相手に引かれるようです。こんな状態ですが、上手く話せるようになるでしょうか?
はい
「とにかく何か話さなければ」と無理やり話し出すと、その場の流れにそぐわないことを言ったり、相手との関係性を無視した内容になったり、相手への配慮が欠けた言葉になってしまいます。 そのために、相手からは快い反応がない、楽しい雑談にならない、相手に変な顔をされる・・ということは、実は良くあることです。 何かを話しかけるにしても、ちょっとした準備のコツがあります。と言っても、相手のことを事前に徹底的に調べ上げたり、特別なことをするわけではありません。 話している相手に対して、ちょっとだけ、意識を変えるだけでいいのです。これだけで「変な顔をされた」などということは起こらないでしょう。
私は自分でKY(空気が読めない)と思っています。友人にもそう言われました。会話を理解したり、行間を読んだりすることが自分は苦手なようです。「もう自分から喋るのはやめようか」と悩んでいます。空気が読める人間になれるのでしょうか?
はい
空気を読むということは、雑談に置き換えれば、その場の会話の流れや趣旨や相手の気持ちを理解し、それに応じた発言をすることです。 ところがKYと言われる人の多くは、相手が話しているのに「次は何を喋ろうか」という気持ちで話を聞いている方が非常に多いです。 まずは自分から喋ることを一度忘れて頂いて、相手の話を聞くことで、いわゆるKYではなくなります。 しかし、ただ普通に相手の話を聞いていても、雑談を盛り上げるには不十分で、あるコツがあります。そのコツをDVDの中でお伝えしています。
結局中身は一般的な「聞き上手」の内容ではないですか。要するに「相手の話を聞けばいい」という一般的に知られている内容ではないですか。
いいえ
確かに雑談術の内容は、全体的に見ると「聞き上手」の内容になるかもしれません。しかし「聞く」という一見受動的な行為の、奥深さや難しさ、大きな可能性、隠された本質に気付いている人は非常に少ないです。 ただ相手の話を聞くだけでは、沈黙になったり、雑談が盛りあがらなかったり、相手に「つまらない人だ」と思われてしまいます。 相手の話を聞くことの本質を知らないと、聞き上手の姿勢が逆効果になることもあります。 うわべだけの「聞き上手」では雑談は盛り上がりません。 これまで「聞き上手」を実践したけど、思うように雑談ができない、と悩んでいる方にこそ知って頂きたい内容です。
子どもの頃にいじめられた経験があります。どうもその時以来、会話や人とのコミュニケーションが苦手になったようです。そんな状態でも、このDVDを観れば、雑談や会話に自信が持てるようになるのでしょうか。
はい
いじめなどを受けた影響として、自尊心が低くなってしまうというものがあります。 自分が何か言ったりすると、子供の頃のようにいじめられてしまうのではないか。そういう身構えが無意識に出てきてしまうために、自分から何かを言ったりすることを躊躇します。 中でも、自分の意見や希望などを述べる「自己表現」には特に慎重になりがちです。 いじめというのは、される方には強い自己否定感を植え付ける結果になることが多く、そういう自己を表現することそのものを控えるようになってしまうのです。 でも、この自己否定感を乗り越えるには、会話で自信をつけることは重要です。 特に、相手と意志の疎通が満足にできたという喜びの経験(ある種の成功体験)を積むことは、とても大きな力になるのです。 雑談は事務的な会話にくらべ、自己表現を求められる側面が多いです。そのため、雑談で血の通った会話ができるようになることで、自信を取り戻すチャンスとなるわけです。 例えばカウンセリングなどを受けて、心理的な障壁を取り除く方法もあります。しかし今回は「雑談ができるようになる」というアプローチでいじめで受けてしまった心理的な障壁を取り除くことが可能なのです。
会社の昼休みやランチの時間が苦痛です。特に相手と話すことがなく、黙っているしかなくなるからです。相手との共通の話題も特にありません。そんな場合でも雑談ができるのでしょうか。
はい
職場での事務的な会話は平気でも、雑談となると苦手だ、という方は実は非常に多いです。 事務的な会話というのは、「●●さんが、後で連絡欲しいそうです」「50部コピーをお願いします」という具合に、予め伝えること(話す内容)が決まっている会話です。 しかし「雑談」は予め話す内容が決まっていません。ですから、事務的な会話にはない「自己表現」が求められるのです。 また、その場で話す内容や返事も判断していかなければならなくなります。そう考えると実は雑談は、事務的な会話よりはるかに難しいと言えるのです。 しかし、私の雑談術があれば、そのような気持ちは吹き飛んでしまい、むしろ「雑談が楽しい」と思えるようになってしまいます。
私は雑談が苦手という以前に、雑談自体が楽しいものだと感じません。他人と雑談すること自体が面倒です。そういう気持ちでも大丈夫ですか。
はい
雑談が苦手と感じない方は「楽しいはずの雑談が何故苦痛なの?」「事務的な会話の方がつまらなくて苦痛ですよ」としか思いません。 しかし、雑談が苦手で悩んでいる方は「雑談の楽しさ」を知らないだけなのです。あなたは恐らく、過去に雑談をして楽しいと思ったことがなかったのでしょう。 それは雑談の方法を間違ってしまえば当然のことです。雑談が苦手で人とのコミュニケーションが疎遠になってしまう人を私は残念でなりません。 雑談が楽しくないと思いつつも、あなたは楽しく雑談ができたらいいのに・・という願いからこのページにたどり着いたはずです。 むしろこのページを発見できたことはラッキーと言えるでしょう。雑談が楽しいと思えないのは、雑談のやり方が良くないからです。 私の鈴木式雑談術で雑談のコツをつかんでしまえば、楽しくなかった雑談が楽しくなり、おまけに相手にも好かれてしまうでしょう。
私は異性と話すことが大の苦手です。恋人もいません、好きな人がいてもうまく話すことができません。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
まずはその苦手意識や緊張や劣等感がなくなるでしょう。鈴木式の雑談術を知れば、「一生懸命話をして話題を盛り上げよう」という必要がないので、心理的負担が以前とは比べ物にならない位減っているはずです。 それだけでも会話において大きなメリットなのですが、自分はそれほど一生懸命になっていないにも関わらず、相手の異性から気に入られて「話がしやすい」「話していて楽しい」と思われるでしょう。 「話がしやすい」「話ていて楽しい」と思われることは、大きく女性の気持ちを動かします。 もし気になる異性がいるのならば、ぜひ鈴木式雑談術で、雑談を盛り上げて下さい。
ビジネスの交渉に使えますか。私は営業職で商談や交渉をしています。
はい
今回は「雑談」というアプローチですが、決まった目的があるビジネスにおける会話の場合でも、鈴木式雑談術は十分活用が可能です。むしろ、雑談の時よりも大きな威力を発揮するはずです。 契約や売り上げといった数字で、成果をはっきりと確認することもできるのは大きいです。 ビジネスにおいて、もちろんサービスや商品は重要ですが、それよりも「人柄」と言われているほどです。 「話がしやすい」「話をしていて楽しい」と思われるだけで、ビジネスでも大きな成果を生み出すことができるでしょう。 もちろん、交渉に入る前に雑談の場面があれば、そこでも活用することができます。
ナンパや、女を口説くのに使えますか。
はい
決して女性を傷つけたり、悪用をしてほしくはありませんが、有効です。女性は男性よりも話が好きです。 「話がしやすい」「話していて楽しい」と思われることは、大きく女性の気持ちを動かします。 DVDを見て頂ければわかると思いますが「口説く」ということが大きな間違いであることに気が付くでしょう。 女性の心をつかむには、違うアプローチが必要です。
一対一ではなく、複数の人数で雑談をする場面でも大丈夫ですか。大人数で会話するのが苦手です。
はい
もちろん複数の人数での雑談や会話でも、応用できます。複数の人数が集まると、必ず会話の中心人物がいるものです。 ここを読まれているあなたは、もしかしたらそのような立場には程遠いと思っているでしょう。 しかし、今度は逆の立場になってしまう可能性が高いです。 不思議なことに、自分から話す言葉の数は少ないはずなのに、会話の中心人物になっていたりします。 もちろん複数の人数において、会話の中心人物になる必要もありませんが、輪の中に入っている人は、あなたのことを「話しやすい」と感じてしまうでしょう。
飲み会の場面でも大丈夫ですか。となりや正面に座った人と会話が盛り上がりません。飲み会の時いつも孤立してしまったり、気が付くと私の周りに人がいなくなっていたりします。そんな私でも大丈夫ですか。
はい
友人同士、職場の仲間同士などの飲み会でも十分効果を発揮します。 鈴木式を実践をすると、今度はあなたの周りに人が集まったり、あなたを中心にして盛り上がったりするでしょう。 隣や正面の人と会話が盛り上がって、気が付いたら飲み会はお開き、ということにもなってしまいます。 但し、あなた自身が飲み過ぎてしまい、冷静さを失って鈴木式の実践を忘れないようにしましょう。
いわゆる「オフ会」の場面でも大丈夫ですか。例えば、映画や音楽のオフ会などは、その話題があるからいいのですが、全く共通点やテーマがないオフ会で、共通の話題を探すのに苦労してしまいます。
はい
最近はネット上で「オフ会」が多く開催され、あなたも一度は参加したことがあるかもしれません。 全く知らない初対面同士での会話ですので、緊張はしてしまうでしょう。しかし、鈴木式の雑談術であればすぐに打ち解けてしまいます。 鈴木式の雑談術は「共通の話題がなくても大丈夫」なのです。相手と全く趣味が合わなくても、雑談が盛り上げることができます。 これまで、会話や雑談が苦手という意識があるために、オフ会の参加を躊躇していた方も、鈴木式雑談術を知って、ぜひオフ会に参加してみてください。
ビジネスのプレゼンテーションでも使えますか。
はい
ただし、鈴木式雑談術はいわゆる「上手に話す」ことを目的とせず、あくまで会話や雑談を円滑にするものです。 残念ながらプレゼンテーションは、キャッチボールの会話ではなく一方通行ですので、直接には応用ができないでしょう。 しかし、プレゼンテーションの後には必ず「質疑応答」の時間があると思います。この場面では鈴木式は大いに威力を発揮するでしょう。 おかしな話ですが、プレゼンテーションよりも、その後の質疑応答が盛り上がってしまう可能性もあります。
相手が無口な人、クールな人、暗い感じの人でも大丈夫でしょうか。
はい
もちろん、どんな人がどんな話をしても、全く会話をしたがらない人はいますので、そのような方は鈴木式でも難しいです。 しかし、一見無口そうな人でもあなたのアプローチによっては意外とたくさん会話をするかもしれません。 普段口数が少ないとはいっても、人間は本来、話をしたいものなのです。
DVDはテレビの再生機でもパソコンでも見られますか
はい
両方見ることができます。
詐欺ですか。商品が送られて来なかったり、後で勧誘をされたり、中身がひどい商品詐欺商品ではないですか。
いいえ
このようなことをすれば、私は今後カウンセラーとして活動をしていけなくなります。また、これまで築き上げたクライアント様の信頼も一気に失うことになります。 断じて詐欺ではありません。
家族や会社にバレたくないのですが、商品の梱包に商品名が記載されていますか。
いいえ
中身の見えない白い封筒に入っています。商品名は書かれておらず、管理番号と「DVD」とだけ記載されています。
これらのQ&Aで私の疑問が解決できませんでした、他に聞きたいことがあるのですが
はい
このホームページの一番下の「お問い合わせ」から質問を24時間受け付けています。ぜひ気軽に質問してください。

今すぐ雑談で盛り上がれるようになる今すぐ雑談で盛り上がれるようになる

 

最後にお願い

今まで「雑談が苦手だ」「沈黙が怖い」と深く悩み続けてきたあなたは
正直、半信半疑で、購入を迷っているかもしれません

しかし「迷い」は何一つあなたを変えてくれません
今と変わらないあなたで、二度と戻らない、明日を過ごしてしまいます。

あなたの貴重なお時間を頂き、最後まで読んでくれて
本当にありがとうございます。

「あの頃は、雑談が苦手で苦しかったもんだ・・」
とあなたにとって、苦い思い出となり

一日でも早く、楽しい雑談ができることを願っています。

心理カウンセラー 鈴木雅幸


今すぐ雑談で盛り上がれるようになる今すぐ雑談で盛り上がれるようになる

 

お客様の声

小手先のテクニックだけで問題解決しようとしていた

コミュニケーションに欠けていたものに気付くことができた

「聞く」を深く意識していなかった

「聞く・理解・返す」の基本を再認識できた

「飲み会」に限らず、全ての場面において使える内容でした

(雑談に)ズレが生じていた理由を知った

コミュニケーションに関する考え方が変わりました
「相手を理解したい」という気持ちがわいてきます

会話に対する姿勢が、雑に行っていたことに気付き、振り返る良い機会になった

集団での会話のポイントが学べ、今後に役立てられそう

思ったより人の話を聞いていないことがわかった

今まで意識していなかった部分が、実はすごく重要だとわかった

「基本的」ゆえに、奥が深くとても学びになった

会話の深さや正確さなど、わかっていても、できていなかったことがたくさんあった

起業家や経営者におすすめしたいです


今すぐ雑談で盛り上がれるようになる今すぐ雑談で盛り上がれるようになる

 

※全ての方に必ず効果があることを保証するものではありません
効果には個人差があります。